エコキュートの選び方とは?後悔しないために欠かせないポイント

公開日: 2023/08/15 最終更新日: 2023/06/13

比較

近年「エコキュート」が人気を集めています。エコキュートには多くの利点があるのです。実際、エコキュートの普及率は増加しています。これからエコキュートを設置したい人は、メリットやデメリットを知りましょう。エコキュートは決して安いものではありません。今回は、後悔しないエコキュート選びのポイントを解説していきます。

エコキュート選びで実際にあった失敗例

今まではガス給湯器が一般的でしたが、近年、電気給湯器「エコキュート」を選ぶ人が増えてきています。エコキュートは光熱費が節約できるだけではなく、さまざまなメリットがあります。しかし、エコキュートを設置したものの、失敗したと感じる人もいるようです。

エコキュートを設置する前に、実際に起こった5つの失敗例を見てみましょう。エコキュート設置の失敗例のひとつに、思うように電気代が節約できなかったケースがあります。多くの人がエコキュートを導入する理由は、電気代の節約のためです。

しかし、電気プランを把握しておかなければ、上手く節約できません。また、エコキュートは、ガス給湯器に比べ水圧も低いです。生活が不便になるほどではありませんが、ガス給湯器並みの水圧を期待していると、その差に驚いてしまうでしょう。

お湯がよく切れてしまうのも、実際にある失敗例のひとつです。導入費用を抑えるために、タンクの容量が小さいものを選んでしまうと、必要なお湯を溜められません。昼夜問わずお湯を沸かすことになるため、電気代も安くならないでしょう。

そしてエコキュートを使うと大きな音も出ます。住宅が多い場所では、近所のトラブルになることもあるでしょう。とくに、静かな夜は音も響きやすいです。また、エコキュートには、機能も価格もさまざまなものがあります。

機能がシンプルなほど価格は安くなりますが、必要な機能や便利な機能が使えなくなる可能性が高いです。エコキュートを選ぶときにはどの機能が必要かをしっかりと確認し、可動音が小さいエコキュートを選ぶようにしましょう。

エコキュートを購入する前に知っておきたいメリット・デメリット

エコキュートには多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。両方を知っておくようにしましょう。

エコキュートのメリット

エコキュートのメリットは、電気代の節約です。電気料金の安い夜間にお湯を作ることと、ヒートポンプによる省エネにより、電気代が抑えられます。導入にはまとまったお金が必要ですが、ガス給湯器に比べ、1/3程の価格でお湯が作れます。

また、地震や台風などで断水や停電が起きたときも、タンクにお湯が残っていれば、非常用として使用ができます。タンクがないガス給湯器は、電気が復旧しなければ使用できません。メーカーによっては飲料水として使用できる製品もあります。

火災のリスクが少ないのもメリットの一つです。電気とポンプを使用しお湯を作るエコキュートは、ガス給湯器に比べ火災が起きる可能性が低いです。子どもや年配の人がいる家庭には安心です。また、太陽光発電を使用している家庭であれば、さらにエコキュートのメリットを感じられます。

夜間料金が安い電気プランは、日中の電気代が高くなりますが、太陽光発電をしていれば、日中の電気代も抑えられます。昼間は太陽光発電、夜間は電気会社と使い分ければ、さらに節約につながります。

そして自治体によってはエコキュートの導入に補助金が出る地域もあります。導入前に、住んでいる自治体に問い合わせてみましょう。

エコキュートのデメリット

エコキュートのデメリットとして、初期費用が高い点が挙げられます。ガス給湯器の導入は数万〜十数万円ですが、エコキュートの導入には30万円以上がかかります。初期費用はガス給湯器より高くなりますが、後々のことを考えればエコキュートの方がお得になることが多いです。

また、電気プランの変更も、エコキュートのデメリットのひとつです。エコキュートによる電気代節約を期待するのであれば、夜間料金が安い電気プランに変えなければいけません。また、エコキュートはタンクに溜めたお湯を利用します。

タンクの容量以上の水を使ってしまうと、お湯切れになってしまいます。一度お湯が切れてしまうと、再度お湯を沸かすまでにも時間がかかります。水圧の弱さもデメリットのひとつです。タンクに溜まったお湯を利用するエコキュートは、水道管を利用するガス給湯器に比べて、どうしても水圧が弱くなります。

とくに水場が上層階にある家や高層マンションの上の階では、水圧の影響を受けやすくなるでしょう。そして騒音もデメリットになります。それほど大きな音は出ませんが、エコキュートが稼働する夜は音も響きやすいです。

住宅が密集している地域では、近所との騒音トラブルになる可能性もあります。塀に囲まれた場所に設置していると、さらに音が響きやすくなるでしょう。事前にしっかりとした対策をしなければいけません。

エコキュートの選び方で後悔しないために必要なポイント

最後に、エコキュートの選び方で失敗しないポイントを紹介します。まず、家族の使用料に合わせた、タンク容量があるエコキュートを選ぶようにしてください。タンクの容量が小さいほど価格は抑えられますが、必要な容量がなければ、すぐにお湯がなくなってしまいます。

3〜5人家族であればタンク容量370L、5〜7人家族であればタンク容量460L、それ以上であればタンク容量550Lのものを選ぶようにしましょう。少し大きめのものであれば、安心してお湯が使用できます。設置するスペースも気にするようにしましょう。

エコキュートの設置には、ある程度のスペースが必要になります。隣の家と近接している場所に設置すると、騒音トラブルの原因にもなってしまうでしょう。また、エコキュートの機能も重要視してください。

エコキュートには「フルオート」「オート」「給湯のみ」の3種類があります。必要な機能がついているものを選んでください。エコキュートの中には、寒冷地対策や塩害対策といった特殊機能を持つものもあります。

まとめ

初期費用が高いエコキュートですが、ポイントを抑えて使用すれば多くのメリットが期待できます。初期費用も回収できるでしょう。エコキュートは災害時にも活用でき、子どもや年配がいる家庭でも安心なのです。

エコキュートを導入するときは、タンク容量や必要機能、設置スペースを確認するようにしてくださいね。環境にも優しいエコキュートを使用し、快適な生活を手に入れましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

会社名:株式会社Step House(ステップハウス) 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-12 VORT AOYAMAⅡ7F079-243-1777 TEL:03-6427-

続きを読む

エコキュートはエネルギー効率の高さから、訪問販売業者にとって魅力的な商品となっています。しかし、悪質業者には注意が必要です。本記事では、エコキュートを購入する際に悪質業者から身を守る方法につ

続きを読む

エコキュートの水抜きはなぜ必要?その理由を知ることは重要です。この記事では、エコキュートの水抜きがなぜメンテナンスの一環として行われるべきなのかについて解説します。水抜きの目的や効果について

続きを読む

エコキュートの容量選びは、快適な湯量とエネルギー効率を両立させる重要なポイントです。家庭の構成や使用ニーズに合わせて容量を選ぶことで、経済的かつ効果的な運用が可能となります。本記事では、家族

続きを読む

エコキュートの効率的な設置場所と注意点について解説します。エコキュートの置き場所は重要で、最適な場所を選ぶことでより高い効率を得ることができます。本文では、設置場所の選び方や注意すべきポイン

続きを読む

会社名:合同会社MARUWA 住所:〒​061-2271 札幌市南区藤野541-3番地 061-1270 北広島市大曲619番地  電話番号:0120-884-331 今回の記事では、北海道

続きを読む

会社名:斎木ガス株式会社 住所:〒356-8585 埼玉県ふじみ野市上福岡1-4-12 電話番号:0120-780-240 ガス給湯器をはじめとする、お湯に関する設備が壊れたときや新たな導入

続きを読む

問い合わせ 電話: 0166-36-1155 ほか、メールフォーム 定休日・受付時間 受付時間:9:00~17:00 定休日:記載なし 会社情報 池内電機株式会社 〒078-8251 旭川市

続きを読む

問い合わせ 電話:0123-40-3188 ほか、メールフォーム 定休日・受付時間 受付時間:〈本社〉9:00~17:00(緊急処理は365日受付) 〈ショールーム〉10:00~17:30

続きを読む

問い合わせ 電話:0120-655-080 ほか、メールフォーム、LINE 定休日・受付時間 受付時間:9:00~18:00 定休日:日曜日 会社情報 〈本社〉株式会社 タカラサービス 〒6

続きを読む