株式会社エコロジーライフの口コミや評判

最終更新日: 2023/08/01

株式会社エコロジーライフの画像

問い合わせ 電話:011-522-7098(代表)/0120-85-4049
ほか、メールフォーム
定休日・受付時間 受付時間:9:00~18:00
定休日:月曜日
会社情報 株式会社 エコロジーライフ
〒005-0832 北海道札幌市南区北ノ沢1727-16

近年、光熱費の高騰でいかに節約するかを考えながら、生活されている方も多いでしょう。とくに、北海道では冬の暖房費がかさみ、他の地域に比べ光熱費が跳ね上がっています。本記事では、光熱費を抑えることやエコについて考える、株式会社エコロジーライフの特徴を解説しますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

エコロジーな暮らしを実現するトータルアドバイザー

北海道札幌市にある、株式会社エコロジーライフはエコロジーな暮らしを実現すべく優秀なトータルアドバイザーが建築のサポートをしています。

新築でも、リフォームでも冬は暖かく夏は涼しく過ごせる家を施工しています。株式会社エコロジーライフが、エコロジーな暮らしをどのように実現させているのかを解説します。

断熱・遮熱効果

株式会社エコロジーライフでは、単純に外壁塗装をおこなうだけではなく、壁にひび割れがあれば修復しながら塗装をおこないます。これは、外壁にひびがあるだけで、家の中の暖かい熱は逃げてしまい、外からの冷気を家に入れてしまうためです。

外壁塗装ではひびの補修をおこなっておくことで、北海道の寒い冬を快適に過ごせるようになります。また、太陽光を反射させることにより、夏の暑さから快適な空間へ変えることも可能です。快適な空間は、エアコンの節電にも効果的であり省エネにもつながるでしょう。

耐震性効果

近年、地震による被害は年々増えているため、日ごろから備えておくと安心でしょう。株式会社エコロジーライフでは、耐震性にも着目しており、地震に備えて外壁の強度を高めて、震災のリスクを軽減しています。

防火・防水性効果

火災における家の倒壊は、外壁の強さによって大きく左右されます。株式会社エコロジーライフでは、対価等級という基準を満たした塗料を使い火災から外壁を守っています。また、同時に雨漏りや雨じみからも家を守り長く快適に住める家づくりを実現しています。

太陽光発電やエコキュートなどエコロジーな暮らしに欠かせない設備を提供

株式会社エコロジーライフでは、地球にやさしく節電できる生活を目指しさまざまな機能を導入しています。株式会社エコロジーライフが提供しているエコな設備を解説します。

太陽光発電

北海道での太陽光発電は、雪が積もりやすく冬は機能しない場合もあります。株式会社エコロジーライフの太陽光発電は、融雪と発電のハイブリッド機能で雪が積もることなく、発電が可能です。

また、リフォームで太陽光発電を設置する場合、特殊器具で屋根に穴を開けることなく太陽光パネルの設置ができます。

蓄電池システム

家庭用蓄電池は、一般的に非常時に稼働させるシステムを想像される方も多いでしょう。しかし、蓄電池は電気料金の一番安い夜間に電力を貯めて、昼間の電力が高い時間帯に使用できるメリットがあります。

そのため、蓄電池を設置すれば大きな節電につながり、非常時であっても安全に過ごせるでしょう。

ヒートポンプ・エコキュート

光熱費の高騰により、オール電化の家庭は電気料金が跳ね上がっている家も多いでしょう。エコキュートは、大気の熱をくみ上げてお湯を沸かすためエコにもつながります。

また、ヒーターは使わず電気料金が安い夜間にお湯を沸かすため電気料金が安く済むメリットもあります。

電気ステーション

将来的に自動車も電気で走るようになっているため、家でも車が充電できるシステムがあれば、快適に活用しやすくなります。

株式会社エコロジーライフでは、電気自動車を充電できるコンセント設置にも対応します。自動車に充電しない時は、蓄電池として電気を活用できます。

ゼロエネルギー住宅へのリフォームも叶える会社

今住んでいる家をリフォームして、ゼロエネルギーで住めることを可能にしています。電力会社の電力に頼ることなく、自分の家でエネルギーを賄い非常時でも安全に暮らせる家づくりをおこないます。

株式会社エコロジーライフがゼロエネルギー住宅へのリフォームをどのようにおこなっているのか解説します。

ZEH事業を展開

株式会社エコロジーライフでは、創エネを太陽光で、畜エネを蓄電池で、省エネを空気熱や地中熱で補うゼロエネルギーライフを実現しています。この3つが揃った時、はじめてエコリフォームは完成するといえるでしょう。

エネルギー収支をゼロに

株式会社エコロジーライフでは、ひとつの家でエネルギー収支をゼロにすることを可能としています。たとえば、屋根に太陽光を設置し、蓄電池を設置することで電気を自給自足するシステムを導入しています。

他にも、ヒートポンプシステムで自然の熱を利用しお湯を沸かしています。また、分電盤からは家庭内の電気製品に電気が送電されるシステムになっています。そして、余った電気は電力会社へ自動的に売却し利益を得ることが可能です。

将来設計をしっかり予測

新築から、時間の経過とともに家族の過ごし方も変化するでしょう。ライフスタイルに合わせて、リフォームの時期や予算を予測ししっかりとしたプランを提案します。

まとめ

本記事では、株式会社エコロジーライフの特徴について紹介しました。憧れのマイホームがエコで節電ができる家であれば、何十年先も快適に過ごせるでしょう。

また、技術の進歩により建築の仕方も大きく変化しています。本記事が、これからマイホームの建築を検討されている方の参考になれば幸いです。

株式会社エコロジーライフの口コミと評判を集めました

Sさん・信用できると思います

1.エコキュート・IHクッキングヒーターを導入して良かった点・悪かった点を教えて下さい。
お湯をどれだけ使用したかが分かるので、食器洗いやシャワーを使う時など武佐にお湯を流しっぱなしにしなくなった。

2.月々の光熱費はどのように変化しましたか?
まだ2~3か月で夏場なのではっきり変化は出てないと思うが、少しではあるが安くなっているようだ。

3.お電話での説明・当社スタッフの印象はどうでしたか?
分かりやすく説明してくれていやがらず教えてくれて好印象です。

4.弊社で決めて頂いたご理由を教えて下さい。
他社との比較する間も材料もなく、ただただ貴社の説明を聞き信用して決めた。

5.電化の満足度をお教えください。
今の所満足に使用しています。

その他、お気付きの点があれば教えて下さい。
エコキュートの知識もまったくないままあれよあれよと話しが進みちょっと不安のまま取り付けることになり、まだまだ上手に使いこなしてないと思います。今後ともよろしくお願いします。

引用元:https://e-ecologylife.com/

この方はエコキュートの導入とお湯の使用量が目に見えるようになり、節水と節電につながったようです。知識がないと不安に感じますが、エコロジーライフのスタッフは丁寧な説明や対応をしてくれたようで好印象です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

会社名:斎木ガス株式会社 住所:〒356-8585 埼玉県ふじみ野市上福岡1-4-12 電話番号:0120-780-240 ガス給湯器をはじめとする、お湯に関する設備が壊れたときや新たな導入

続きを読む

問い合わせ 電話: 0166-36-1155 ほか、メールフォーム 定休日・受付時間 受付時間:9:00~17:00 定休日:記載なし 会社情報 池内電機株式会社 〒078-8251 旭川市

続きを読む

問い合わせ 電話:0123-40-3188 ほか、メールフォーム 定休日・受付時間 受付時間:〈本社〉9:00~17:00(緊急処理は365日受付) 〈ショールーム〉10:00~17:30

続きを読む

問い合わせ 電話:0120-655-080 ほか、メールフォーム、LINE 定休日・受付時間 受付時間:9:00~18:00 定休日:日曜日 会社情報 〈本社〉株式会社 タカラサービス 〒6

続きを読む

問い合わせ 電話:0166-52-1616 定休日・受付時間 受付時間:9:00~17:00 定休日:土日祝 会社情報 株式会社たかでん 〒071-8136 北海道旭川市末広6条1丁目1-9

続きを読む

株式会社サトイ産業 住所: 〒065-0031 北海道札幌市東区北31条東1丁目7番7号 電話番号: 011-753-1488 株式会社サトイ産業は、北海道札幌市で戸建て・マンションのリフォ

続きを読む

エコキュートの寿命が尽きたり、故障したりした場合は、適切な処分が必要です。しかし、自力で処分するのは簡単ではありません。エコキュートの機構は複雑であるため、専門業者の手を借りることになるでし

続きを読む

デンキュー株式会社 住所:〒078-8234 北海道旭川市豊岡4条7丁目6-7 電話番号:0166-73-3291 今回は、旭川市で電気工事関係に携わっている、デンキュー株式会社について紹介

続きを読む

株式会社トップランナー 住所:〒006-0829 北海道札幌市手稲区手稲前田536-60 電話番号:0120-504-604 チカラもち北海道店は、年間8,000件以上の工事を行った実績があ

続きを読む

近年「エコキュート」が人気を集めています。エコキュートには多くの利点があるのです。実際、エコキュートの普及率は増加しています。これからエコキュートを設置したい人は、メリットやデメリットを知り

続きを読む